骨盤矯正にガードル・ベルトの効果とメリット・デメリットを徹底調査

マジカルシェリー基礎知識

骨盤矯正にガードル・ベルトの効果とメリット・デメリットを徹底調査

更新日:

骨盤矯正にガードルやベルトって気になりますよね‥。

本当に骨盤矯正の効果が期待できるの?なんて。

私も出産経験から腰痛持ちになってしまって、ガードルやベルトをいろいろと使ってみました。

そんな実際の経験から、

骨盤矯正ガードル・ベルトの効果・メリット・デメリット

について徹底的にお話ししていこうと思います!

骨盤矯正にガードル・ベルトってどうなの?

骨盤矯正にガードル・ベルトってどうなの?

骨盤矯正にガードルやベルトを使うのは定番ですが、2つの効果の違いが何なのかよく分かりませんよね?

セットになっている商品もありますし、益々謎です。

そこでガードルとベルトが、どのように骨盤矯正に有効なのかまとめてみました。

狙いを定めてガッチリサポートのベルトと、美的効果もあるバランスタイプのガードル、それぞれのメリット・デメリットを読んであなたに必要なのはどちらか確認してくださいね♪

そもそもなぜカードルやベルトで骨盤矯正が期待できるの?

そもそもなぜカードルやベルトで骨盤矯正が期待できるの?

意外と思うかもしれませんが、骨盤は3つの骨が組み合わさったものなんです。

「仙骨」「寛骨」「尾骨」の3つで、接続部分にわずかな隙間しかないので、写真などで見るとひとつの骨に見えます。

しかし出産などによって3つの骨に隙間ができると、骨盤にかかる力が左右や前後でバランスを崩し腰痛などの色々な症状が起きるんです。

骨盤矯正 ガードル

問題の”根っこ”にあるのは、3の骨の間にできた隙間。

ガードルやベルトはこの隙間を解消するために使われます。

ギュッ!と外から骨盤の3つの骨を締め付けることで、正しい位置に戻してやるんですね。

これによって、骨盤にいびつな力がかからなくなるので骨盤が歪むのを防ぐことが期待できるというものです。

 

骨盤矯正にガードルやベルトの効果とメリット・デメリット

骨盤矯正にガードルやベルトの効果とメリット・デメリット

骨盤矯正にガードル・ベルトを使うメリットやデメリットってなに?

という疑問を解消するためにも、実際に使ってみた経験から詳しくそれぞれのポイントをお伝えします。

骨盤矯正ガードルの効果とメリット・デメリット

骨盤矯正ガードルの効果とメリット・デメリット

まずは骨盤矯正のガードルからメリット・デメリットをお話しします。

高齢者が履いているイメージがありますが、ちゃんとした意味があるんですよ♪

骨盤矯正にガードルを使うメリット

骨盤矯正する際にベルトと一緒に利用されることが多いガードルですが、そのメリットは何でしょうか?

高齢の女性がよく身につけているイメージがあるガードルですが、骨盤矯正以外にも女性には注目したいメリットがあるんです。

骨盤周りの筋肉や股関節のずれを補正する

出産や怪我などで骨盤が開いたり、骨盤周りで骨折などの大きな怪我をすると、周囲の筋肉や関節に悪影響が及ぶことがあります。

例えばムリな開脚で股関節がわずかに外れて、それが完全に戻らない場合などは股関節に痛みが続いたり、突然の痛みや違和感に襲われるようになります。

骨盤矯正 ガードル

そんなときにガードルの出番です。

股関節の動く範囲をムリなく制限してくれるので、治すというよりも圧迫によって痛みなどの不快感が再発するのを防ぐことが期待できるんです。

またベルトほどではありませんが、骨盤の隙間が広がるのを防でくれるので”立つ・歩く・登る”などの動作で感じる痛みが和らぎます。

骨盤矯正 ガードル

骨盤が全体的に緩んだ感じがする場合は、あとでお話しするベルトとガードルを組み合わせてサポートするとより症状の改善に効果的です。

ベルトだけだと強く締めないと効果がなかったのが、ガードルを一緒に使うことでベルトを緩めても平気になったケースもあります。

ベルトの圧迫感に悩んでいるなら、ガードルとの併用は大きな打開策になる可能性が大ですよ♪

手軽にポッコリお腹を解消する

腹部の脂肪が垂れ下がるのを防いでくれるので、身につけるだけでギュッと締めることによってポッコリお腹を物理的に解消してくれます。

ダイエット中の方が”痩せた自分をイメージ”してモチベアップするのにも使えますね。

骨盤矯正 ガードル

またガードルの引き締めによって食事中に胃が大きくならず早く満腹感が来ますので、食事量を抑えることにも利用できるんです。

つまりお手軽に体型をスリムに見せたい方と、ロングスパンで痩せたい方どちらにも効果的なんですね♪

垂れ下がったお尻を引き上げる

運動不足や加齢などでお尻の筋肉が減ると、どうしてもお尻が垂れ下がってしまうんですよね。

しかしヒップアップには長期間の運動が必要になります。

骨盤矯正 ガードル

そこでガードルの出番です。

太ももとヒップの区別がつくように”お尻周りを引き上げる”ので、理想の女性らしいボディラインに近づきます。

マジカルシェリーならしっかりガードしてくれるのでおすすめですね♪

骨盤ショーツで「産後」におすすめな商品の選び方3つのポイント

骨盤矯正にガードルを使うデメリット

骨盤矯正にガードルを使うデメリットについて詳しくお話しします。

デメリットを知って注意することで、より効果的に使うことができますよ♪

ベルト以上に蒸れる

骨盤矯正 ガードル

骨盤矯正ガードルは腰回りから太ももまで広範囲にサポートしてくれます。

そのため腰回りが全体的に蒸れしまうデメリットがあります。

通気性の良い素材を使い、しっかりと”蒸れ対策”をしてくださいね。

ショートガードルは逆にボディラインがいびつに

骨盤矯正 ガードル

ガードルには、足回りとヒップのみサポートするショートタイプがあります。

このタイプはキレイなヒップラインが出にくく、ピーマンのような不自然に歪んだヒップになる欠点があります。

股関節のサポート力も弱いので、太ももまでしっかりカバーする”ロングタイプ”を選ぶのがおすすめです。

マジカルシェリーはロングタイプなのでボディラインにもおすすめですね♪

骨盤ショーツの”おすすめ”を年代別にピッタリなのを考えてみました
マジカルシェリー骨盤ショーツの”おすすめ”を年代別にピッタリなのを考えてみました

骨盤ショーツの”おすすめ”って、自分の歳ならどれがいいんだろうって迷いますよね? そんな年代ごとにおすすめな骨盤ショーツも、ポイントをチェックするとピッタリなものが見えてきます。 今回は、 骨盤ショー ...

続きを見る

骨盤矯正ベルトの効果とメリット・デメリット

骨盤矯正ベルトの効果とメリット・デメリット

こんどは骨盤矯正ベルトのメリット・デメリットについてです。

簡単に使えそうですが、意外と注意点もあったりするものなのでしっかりとチェックなさってください。

骨盤矯正ベルトのメリット

まずは骨盤矯正ベルトのメリットからお話ししていきます。

けっこうメリットは多くて、骨盤矯正にはなかなかの優れものですよ♪

冷え性に効果が期待できる

骨盤矯正 ベルト

骨盤が緩み猫背気味になると、下半身に血液を送る流れが骨盤に圧迫されて阻害されます。

しかしベルトにより骨盤の位置が矯正されると下半身への流れ込みが改善されますから、足先の冷え性に一定の効果が期待できます。

肩こりを軽くしてくれる効果が期待できる

骨盤矯正 ベルト

ベルトの作用で骨盤が矯正されると、まず猫背の改善が期待できます。

猫背によって頭部が背骨より前方に置かれることで、肩に大きな負担がかかって肩こりの原因に。

これが猫背改善と共に解消が期待できるため、肩こり解消に効果的なんですね♪

腰痛予防に期待できる

骨盤矯正 ベルト

周産時にできた僅かな隙間によりゆるみが生じた骨盤をサポートし、腰がグラつかないようにしてくれます。

特に骨盤のサポート力が強いのは”仙腸関節ベルト”です。

大きな緩めができてしまった骨盤であっても、ガッチリ固定して痛みを和らげてくれる効果が期待できます。

痩せやすい体になれるかも!?

骨盤矯正 ベルト

骨盤の位置が矯正されると、太ももやお尻の筋肉を使って姿勢を維持するようになります。

すると自然と消費カロリー量が増加する傾向になるんです♪

姿勢の悪かった方は、今まで使わなかった筋肉を使うようになるので筋力量のアップも期待できますよ!

生理痛が軽くなるかも

骨盤矯正 ベルト

骨盤内の流れが滞ると生理痛が強まります。

骨盤矯正によって骨盤を正しい位置に戻すと、歩くだけで骨盤周りの筋肉が動かされ周囲が熱を帯びるので流れが改善されます。

骨盤周りの血行が良くなると生理痛が軽くなるといわれています。

血行改善は新陳代謝アップにもプラスに働きますから、体も軽くなって気分爽快になりますよ♪

骨盤矯正ベルトのデメリット

つぎは骨盤矯正ベルトのデメリットについてです。

しっかりとチェックしてメリットを活かしていきましょう♪

筋肉を弱らせる

長期間骨盤矯正ベルトを続けていると、残念ながら周囲の筋肉が衰えてしまいます。

筋肉が弱くなるのは、本当なら筋肉がするべき「骨盤の引き締めなど」の仕事をベルトが代わりにやってしまうからです。

骨折したことがある方なら分かると思いますが、コルセットに包まれていた折れた腕や足はコルセットを外せる頃になると驚くほど細くなりますよね。

骨盤矯正 ベルト

使っていない筋肉というのは無くなってしまうんですね。

一度筋力が低下するとベルト無しでは痛みが出たり、ガクつく感じがして満足に動けなくなります。

頼りになるベルトですが、筋力を付けるトレーニングも並行して行うようにしてくださいね♪

腸などの内臓の働きを妨げてしまう

骨盤矯正 ベルト

ベルト強く締めすぎることによって内臓の位置が変わったり動く範囲が限定されると、内臓の本来の機能を発揮できなくなります。

また、締め付けによって常に圧力にさらされると、内臓がダメージを受けることがあります。

内臓が活動的になる寝ている間はベルトを外すか、締め付けの弱いものに変えるなど工夫が必要です。

肌へのダメージ

骨盤矯正 ベルト

ベルトをきつく締めていると肌への圧力が強くなります。

その状態で動くとベルトとの摩擦で肌が炎症したり、肌がくすむ原因になったりします。

ベルトの素材によっては肌が蒸れることもあり、蒸れで湿疹や水疱ができる方は注意が必要です。

産後に骨盤矯正ベルトを使うのはなぜ?

産後に骨盤矯正ベルトを身につけたほうがいい!という話をよく聞くと思います。

「ゆるんだ骨盤を戻すためかなぁ」と漠然と考えますが、一体どんなメリットがあるのか気になりますよね。

産後の諸症状に骨盤矯正ベルトを使おうか迷っている方が多いので、ここで特別に取り上げますね♪。

産後に骨盤矯正ベルトを身に付けるメリット

出産後は骨盤が大きく広がります。

広がった骨盤は時間とともに徐々に元に戻るので、広がること自体はそれほど問題ではありません。

問題になるのは骨盤が広がった状態に、大きな負荷がかかることで骨盤に歪みが生じることです。

骨盤矯正 ベルト

この歪みが原因で体型が変わってしまう女性もいるくらいですから、出産後は骨盤に負担をかけないのがベストなんですよね‥。

でもそれは赤ちゃんのお世話があるので難しいのが正直なところ。

生後2ヶ月には5kgほどになる赤ちゃんを中腰姿勢で抱えあげることを繰り返しますから、骨盤に大きな負担が毎日かかってしまいます。

骨盤矯正 ベルト

骨盤を歪ませる行為を毎日やらなきゃいけないわけですから、すぐにでも何とかしないといけません。

骨盤矯正ベルトなら骨盤が不用意に動くのを防ぐので、赤ちゃんのお世話する中で骨盤が受ける負担を軽くできます。

ベルトに加えて定期的に整体などに通って、しっかりと歪みをチェックしてもらえば対策は万全ですよ♪

マジカルシェリーの効果には叶いません!

産後の骨盤矯正におすすめな8つの方法とちょっとした注意点
産後の骨盤矯正におすすめな8つの方法とちょっとした注意点

産後の骨盤矯正ってけっこう悩みますよね。 出産と同時に骨盤がズレてしまう人って多くて、どんなふうに骨盤矯正をしたらいいんだろう‥なんて悩んでいる女性によく出会います。 そこで今回は、 産後の骨盤矯正に ...

続きを見る

骨盤矯正にガードル・ベルトの効果とメリット・デメリットを徹底調査まとめ

骨盤矯正にガードル・ベルトの効果とメリット・デメリットを徹底調査まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「骨盤矯正にガードル・ベルトの効果とメリット・デメリットを徹底調査」についてお話ししてきました。

  • ガードル‥腰や太ももまで全体をサポート
  • ベルト‥腰の骨盤だけをピンポイントでサポート

このようなイメージで考えておけば使い分けがしやすいかと思います。

どっちも骨盤矯正にはとても効果的で、まず痛みがすぐぬでも緩和されるという実感は感じられるはずです。

ぜひ参考になさってみてくださいね♪

自分の顔

私の体験レビュー♪

マジカルシェリー骨盤ショーツ

マジカルシェリーの口コミ

 

-マジカルシェリー基礎知識
-

Copyright© マジカルシェリー口コミレビュー!てんちむ愛用のマジカルシェリー骨盤ショーツを28歳OLが試した口コミレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.